JR寝台特急北斗星号で行く旅行情報

トップページ > 食堂車

JR寝台特急北斗星号の食堂車

 北斗星にはグランシャリオという食堂車が7号車にあります。食堂車での夕食を予約するには、チケット予約の時に同時に申込むか、乗車3日前までにみどりの窓口で予約します。当日の予約は受け付けていません。夕食の時間は19:45〜21:05までです。メニューはフランス料理のフルコース7,800円と懐石料理5,500円の二種類が選べます。フランス料理は全部で6品です。懐石料理のみA寝台でのルームサービスが可能です。流れる夜景を見ながら食堂車でフルコースはまさに寝台特急の醍醐味の一つですね。

 21時を過ぎた頃パブタイムの営業の放送が入り、21時半頃になるとパブタイムが始まります。これは完全フリーで席が空いていればいつでも席に座って注文できます。イタリアンハンバーグセット2,000円、海の幸クリームパスタ1,200円など値段もそれほど高くはなく、お酒を飲みながらの夜行列車の旅を満喫できます。ここでは飲み物を注文すると、北斗星のロゴ入りコースターがテーブルにセットされますので鉄道ファンの方は持ち帰ることができます。23:00まで営業しています。なお、パブタイムでは期間限定でスペシャルメニューが提供されます。

 朝食は予約不要で、朝6時30分から9時まで営業しています。メニューは洋風と和風の2種類で両方とも1,600円です。洋風と和風と言っても素材はだいたい同じで、パンとライスが違うのと魚の味付けやソースが違うのとサラダのドレッシングが違うだけです。また車窓からは右手に北海道の海が間近で見えていますので景色を見ながらおいしくいただけます。朝食はそんなに高くないのでおすすめです。



出発直後

9時半頃のパブタイム。満席でした。

朝食も満席でした。

和風朝食

洋風朝食

トップページへ
JR寝台特急カシオペア号で行く旅行情報写真でみる国内家族旅行情報問い合わせ
copyrightc hirosuke  All Rights Reserved.