JR寝台特急北斗星号で行く旅行情報

トップページ > 機関車交換・連結作業

JR寝台特急北斗星号の機関車交換・連結作業

 北斗星号は機関車の交換を途中2回行います。鉄道ファンの間ではその機関車交換と連結作業を撮影するのが北斗星号に乗る楽しみの一つだそうです。まず最初の機関車交換と連結作業は青森駅のすぐ先にある信号所です。そこでは青函トンネル用の機関車に交換します。
 次の付け替えは函館駅です。この時はそれほど早い時間帯ではないため、カメラを持った乗客が大勢連結作業を撮影します。1号車の前に着いていた先ほど交換したばかりの機関車を切り離し、反対側の11号車側にディーゼル機関車2機を重連して連結します。そして進行方向は11号車を先頭にして今度は逆方向に札幌まで進みます。



上野駅にて

上野駅で出発する時の機関車

青森信号所で機関車を切り離したところ

今度は青函トンネル用の機関車が連結するために近づいてくるところ

もうちょっとで連結

函館駅にて。これから機関車を切り離すところ

切り離したところ

今までの最後尾である反対側にDD51型ディーゼルの重連機関車を連結

札幌駅にて

トップページへ
JR寝台特急カシオペア号で行く旅行情報写真でみる国内家族旅行情報問い合わせ
copyrightc hirosuke  All Rights Reserved.